沖縄旅行

万華鏡の国おきなわ

ジンベエザメ

沖縄ほど人によって抱くイメージが違う場所もないでしょう。そしてまた、抱くイメージがどんどん変化していくような場所でもあります。北部のヤンバルでは本土では見ることのできない植物たちがまるで人を拒絶するように太古の昔から生息しています。この地では主役は森です。人はあくまでそこに生きる生物の一種でしかありません。しかし島の西海岸ではどうでしょう。
私たちが望むならどんなわがままもかなえてくれる高級リゾートホテルが立ち並びます。痛いくらいの日差しを避けてエアコンの効いたサロンでトリートメントマッサージを受けた後は夕日が燃えながら沈んでゆくのを眺めながらラウンジでシャンパンを楽しむこともできます。あぐー豚や石垣牛の鉄板焼きなどの沖縄グルメを満喫しましょう。そして首里城中心とした地域は古の琉球王国の華やかな文化を今もなお色濃く残しています。世界遺産のグスクや御嶽はこのあたりにあります。
しかし私たちには忘れてならない沖縄の哀しい歴史があります。南部には先の戦争で命を落とされた方々の慰霊碑や旧海軍司令部壕などが残っています。このように沖縄はいろんな顔を私たちに見せてくれます。私たちがどんな心で沖縄を見るのかによって、まだ発見されていない沖縄の顔を覗くことができるかもしれません。

CHOICES